FC2ブログ

破壊措置命令(白濱)

『政府(小野寺防衛相)は、4月7日北朝鮮による中距離弾道ミサイル発射の可能性が高まっているとして、自衛隊法に基づく「破壊措置命令」を発令し、自衛隊にミサイル防衛(MD)の態勢を整えるように指示した。ミサイルが日本領土・領海に飛来したり,部品などが落下したりする事態への対応が必要と判断』、『8日、首都圏防衛目的に「PAC3」を防衛省敷地(東京・世田谷)や首都圏の基地に配備した。また日本海に迎撃ミサイルを搭載しているイージス艦2隻を・・』、『10日北朝鮮はミサイルを発射するのでは?』、と。

このような報道に対して,マスコミはじめ我が国民は意外と冷静に見守っているようであります。

1992年、「PKO法案」が国会を通過し、我が国はカンボジアに自衛隊を初めて派遣しました。その時に私は防衛庁(現防衛省)陸上幕僚監部衛生部に勤務しており、国際貢献活動はいかにあるべきか?と、連日激論を交わしておりました。

このPKO法案は,当時の野党第1党が『牛歩戦術』で反対し、かろうじて通過した法案です。当時この党は「防災訓練」は「軍事訓練」に通じると言い,防災訓練にも反対しておりました。そういう時代でした。

諸々のこと、昔日の感があります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR