FC2ブログ

再々々・・ハインリッヒの法則

 スペインの高速鉄道の脱線事故、制限速度80kmのカーブの所を190kmで通過しようとしたと報道されております。脱線の瞬間の映像も何回となく映し出されております。運転手の行いはきっと初めてのものではなかったと思われます。
 国内では、昨年の関越自動車道の観光バスの事故に関して、運転手の「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」が原因であったとして弁護団から主張されております(新聞報道)。SASの主症状は、いびき、睡眠時無呼吸、日中の眠気、熟睡感の欠如、起床時の頭痛などです。この症状は日頃から本人以外の人にも観察されているのが一般的で、SASであれば日中の眠気,いわゆる居眠りは普段から観察されていたのではないかと思われます。SASは検査すれば分かります。
 多くの重大な事案は、「初めての出来事」であるということは、あまりないと思います。日頃のチョットして出来事を地味に処理することは肝要なことです。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR