FC2ブログ

華麗に加齢を、加齢を華麗に(白濱)

今日で6月が終わり、明日から7月、今年の半分が終わりました。この年になると確かに時がたつのを早く感じます。まだまだ大変忙しい日々を送っておりますので、立ち止まって物思いにふける余裕がありません。いいことだと思います。
いかに年をとるか?アンチエイジングも生き様、華麗に加齢を、加齢を華麗に、これも生き様。
「災害時要援護者」には高齢者(65才以上)が含まれます。しかし65才以上の人でも災害時に要援護者にならないで、災害時にひとりで逃げることが可能な人(自助)や、他人を助ける側になり得る人(共助)はいくらでもいます。
私の高校時代の同級生に、毎年10キロマラソンにチャレンジしているのがいます。前職は大学教授。ここのところ60分を切っていたが今年の「桜島マラソン」では61分55秒だったと、メールで大変残念がっておりました。毎日数キロ走っているということです。大したものです。
何処で仕入れた話か全く失念しておりますが、50才は50±5才、60才は60±6才、70才は70±7才,80才は80±8才に見られる、すなわち70才は63才に見える人もいれば、77才に見える人もいるということです。要は、物理的な年令そのものよりも、顔の皺、頭髪の状況は当然のこと、立ち居振る舞い、姿勢、体力、歩く姿、頭の回転、行動力、考え方、精神・身体症状など様々なものが年令を感じさせるのかも知れません。私は何時も年相応でありたいと願っております。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR