FC2ブログ

クラゲのいる病院

 海月・水母、クラゲが銚子市立病院に来ました。
銚子沖のイルカ・ウオッチングで有名な「フリッパー号」を運行している(有)銚子海洋研究所の宮内様からミズクラゲ(赤ちゃんクラゲ10匹)を頂きました。
昨日正面玄関に水槽を設置して頂き、銚子市長はじめ多くの方々の立ち会いの下、除幕式をやり、メディアも数社来ておりました。
1.5mの台座の上に置かれた50cmの円形の窓を備えた水槽の中を、10匹の5-6cmの赤ちゃんクラゲがゆらゆら揺れながら元気に泳いでいる姿、患者も癒やされ,見舞いに来られた方も癒やされ,職員も癒やされることと思います。
海水は毎日海洋研究所の若い3人の女性職員が交換しに来てくれます。
 実は、2年半前にこのクラゲのプレゼントの話を頂いており準備をしておりました。そのようなときに東日本大震災が起こり、4組あった水槽の中3組が津波に流されてしまいました。残った1組を、修復なった今回頂いたものです。『クラゲのいる病院』として、このクラゲたちを大事にしたいと思います。ちなみにミズクラゲは海の中では30-40cmに1年ほどでなるそうです。ということは、水槽の中のクラゲ、順次入れ替えてゆくのだそうです。ニックネームをつけたくても区別はつきません。すべて宮内様まかせ。有り難うございました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR