FC2ブログ

米国の化学診断ツール(白濱)

箱崎1箱崎2箱崎3
「米国の化学診断ツール」(箱崎幸也:医療法人元気会横浜病院長、本NPO理事):
 クアラルンプール国際空港(マレーシア)で金正男(キム・ジョンナム)が神経剤VXを使って殺害され(2017.2.13)、北朝鮮の工作員が関与していたと報道された。2人の女性実行犯の被害が軽かったため、2種類の薬剤を現場で混合させ、VXを発生させた可能性も指摘された。また内戦状態のシリア北部で化学兵器(神経ガスのサリン)を使用したと見られる空爆があり、子供を含む83名の死者が出た(2017.4.4)。我が国でも化学剤によるテロ、松本サリン事件や地下鉄サリン事件(1995.3.20)があった。
 米国では、化学剤の迅速診断から的確な化学テロ初動対応に有用なツール(CHEMM:Chemical Hazards Emergency Medical Management 化学危険物緊急医学管理)が開発され、インターネット上からダウンロードしてアプリケーションとして利用できるとの紹介があった。
CBERNE・NBCR・NBC災害(テロ含む)への対応、「検知」「除染」「防護」が必須、自然災害対応と根本的に異なるところである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR