FC2ブログ

講演2「ジカウイルス感染症について」(白濱)

ジカ1ジカ2ジカ3
講演2は、赤沼雅彦先生(日本医科大成田国際クリニック所長 本NPO理事)による「ジカウイルス感染症について」です。
 カが媒介する感染症としては既にマラリア、デング熱、チクングニア熱が知られており、それに加えジカウイルス感染症が話題になっております。症状は発熱、紅斑、結膜充血、後眼窩痛などでデング熱やチクングニア熱よりも軽いといわれておりますが、ブラジルで小頭症との関連が論じられることにより我が国でも関心を高め、さらに今夏リオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが行われることもあり、さらに注目を集めている状況です。
ジカウイルス感染症例が報告されている地域はブラジル以外では中南米、西アフリカの諸国、オセアニア太平洋諸島及びタイ(CDC発表)で、わが国では8例確認されています。全例前記流行地の滞在者です。なお、検疫法では2016年2月15日検疫感染症に追加され、感染症法で4類感染症となっております。しかしジカウイルスを媒介するネッタイシマカはその卵を含め日本では越冬できないといわれております。ただ危惧されていることは、地球温暖化の影響とか、沖縄県(亜熱帯)での越冬はどうかとか、議論は尽きませんでした。オリンピックが近づくと本感染症の話題が再び高まることが考えられます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR