FC2ブログ

阪神淡路大震災から19年(白濱)

 1995年1月17日午前5時46分、阪神淡路大震災が発生、19年目に当たります。
この大震災をきっかけに、防災訓練の重要性の認識と実施、自助・共助・公助の考え方、災害対処の装備品等の整備、災害対処の備蓄の重要性、災害ボランティアの重要性、災害拠点病院の指定、日本集団災害研究会(現日本集団災害学会)の設立、その他災害対処の法的整備等、『災害対処』に関する多くのことが議論され、決定され、実施されてきました。
阪神淡路大震災以降も新潟県中越地震、新潟県中越沖地震、福岡県西方沖地震、そしてあの東日本大震災も起こりました。そして今、東海地震、首都直下型地震の発生が懸念されております。まさに日本は自然災害の宝庫といえます。常に災害に備えなければなりません。
私たちは4つのプレートの上に形成された土地に、後から住み着いたのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR