FC2ブログ

都立松沢病院総合防災訓練(白濱)

松沢訓練
11月26日(土)都立松沢病院(東京都世田谷区)の総合防災訓練が行われました(私は同病院の災害対策室の防災担当非常勤医師)。災害想定:午前8時東京湾を震源として、震度6強の地震発生。訓練内容:①災害対策本部立ち上げ、②被災状況点検・報告、③緊急医療救護所開設、④患者搬送受け入れ。世田谷区役所、保健所、医師会、歯科医師会、薬剤師会、整復師会、地域の自治会等の方々、及び自衛隊中央病院(副院長と災害教育担当者)も研修・見学しました。松沢病院として初めての大がかりな訓練、訓練後の講評及び質疑応答も活発に行われ、大変素晴らしい充実した訓練だったと思います。
松沢病院は精神科に特化した病院で、災害拠点病院でもあります。病院は免震構造、屋上にヘリポートがあり、敷地がとにかく広く、陸地にもヘリが降りられることなど、大規模災害時には発災直後から長期にわたり負傷者のみならず種々の医療機関や施設等に期待される病院、分かりやすくいえば、当てにされる病院になると思います。本訓練を通じて諸機関等との連携が非常に重要だということを再確認しました。(負傷者や病棟の状況を示すホワイトボードのみの写真を示します)
スポンサーサイト

鶴丸高校の同窓会、十鶴会(白濱)

十鶴会ガラス棟十鶴会2016
先月は千葉大卒50周年の同窓会、今度は鹿児島県立鶴丸高校の東京近郊在住者の同窓会(年1回)のこと。会場は東京国際フォーラム(東京・有楽町)のガラス棟内の中華料理店。私たちは昭和34年卒、9クラス、同級生462人(男236名、女226名、♂>♀)、出席者は55名(男24名、女性31名、♂<♀)、なお物故者は65名(14.1%)、男49名、女16名(♂>♀)です。とにかく女性は長生きで、元気です。
出席者の中で、常勤で仕事をしているのは、私ひとりでした。第1線を引いたもの同士、経験豊かで話題も豊富、趣味も多様。一方、先日の千葉大卒50周年の同窓会、ほとんど現役医師として何らかの形で仕事をしており、全くの無職はゼロ、しかし話題は少なく医療のこと、趣味も大した趣味を持っているものも少なく、モノトーン。高校時代の同窓会の方が、はるかに楽しく、明るい。 
それはそれとして、十鶴会の幹事役が私たちのクラスに回って来るのが4年後、オリンピックの年、ちゃんとした形で出来るか否か、それが切実な問題です。
100mバタフライ・自由形の日本記録保持者池江璃花子選手の祖父はわれらの同級生池江君です。応援します(応援しましょう)。

ニュースレター第11号(白濱)

表NL11号裏
イームスジャパンの企画委員会を11月10日(木)行いました。
1)ニュースレター第11号の発行の件です。内容は5月の総会時の特別講演と8月パラオで展開した「PP16」の記録を特集したものです。会員の皆さんに配布中です。(PP:パシフィック・パートナーシップ)
2)「PP16」の報告会を12月2日(金)に行う件。私も出席します。
3)情報として、「PP17」の計画案等は11月末~12月始めに示されるとのことです。
4)そのほか、今年度の事業計画等が実施等が検討されました。

銚子の夕日(白濱)

I科学大1科学大2
 千葉科学大学看護学部の集中講義が11月5日(金)終わりました。土曜日の午後をフルに使って、3日間。来年の講義も頼まれました。「元気にしていたら、やりましょう」と、引き受けてきました。聴講している学生も疲れますが、話している私も疲れました。終了後は銚子市立病院のかつての同僚の方々と、本当に久しぶりに、1年ぶりに、銚子のお魚料理やお酒などを、内緒で楽しみました(内緒になってませんね!)。
大学キャンパスは太平洋に面しています。銚子の犬吠埼は本州の最東端、元旦の『初日の出』を最も早く見る事が出来ることで有名。夕日もなかなかのものです。キャンパスに接して銚子マリーナがあります。東日本大震災の時はヨットが全て流されたのですが、今は元のマリーナにもどっております。

入間航空祭(白濱)

C130.jpgC1.jpg

11月3日、文化の日、快晴。航空自衛隊入間基地(埼玉県)の「入間航空祭」を久しぶりに見に行きました。入間航空祭は7,8年ぶりかも知れません。輸送機C-130(上左)は、PKOや国内の大規模災害時には大活躍している機で、私は日本で始めて行ったPKO(UNTAC:カンボジア)の時に同型機に乗っております。行きは、小牧(愛知)―那覇(1泊)―マニラ(給油)―ポチェントン(カンボジア)、帰りはポチェントン―ウタパオ(タイ、1泊)―那覇(1泊)―小松(石川)と往復大変長丁場であったことを懐かしく思い出しながら、写真を撮りました。C-1(上右)では硫黄島に行きました。
抜けるような青空の下での空挺隊員による降下、ブルーインパルスによるパフォーマンス、全て感動的で素晴らしく、本当に久しぶりに非日常の休日を過ごしました。(私のデジカメも結構な写真が撮れますね。)
ブルーインパルス2ブルーインパルス1ハート

千葉大卒50周年(白濱)

50周年同窓会
 先週、10月29日(土)千葉大卒50周年同窓会をやりました。千葉大41年卒、医師国家試験ボイコット1期生、第1次日米安保闘争に始まり、いろいろあった医学生時代、卒業と同時に1年間のインターン、それを終え、いざ医師国家試験、それをボイコット、その後のインター闘争、インテーン廃止、東大入学試験中止と続き、各自思い思いに医師人生を歩むことになった学年です(私たちの学年だけではないと思いますが)。同級生から教授が出ようが、医学会長が出ようが、本を出そうが、叙勲を受けようが、私が銚子市立病院に関わろうが、まぁ、余りお互い話題にもせず、同窓会も余りやらなかった学年だと思います。それでも今回は約半数以上の42名が参加、数名の物故者に黙祷を捧げ、結構盛り上がりました。近況報告も話題豊富、K氏の話、K氏『私の母は99才で全く呆けておりません。先日私に“最近おまえは少し元気がない。少し酒が過ぎているようだ。少しひかえてちゃんとしなさい”といわれた』ということでした。これに対して彼は我々に、「何を今更」と一言。最も遠方から参加したのはマレーシア・ペナンからのT氏。「よく遠くから来たね」、といったら「私の奥さん千葉の稲毛です」と、これも一言で納得、里帰りみたいなものでした。
プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR