FC2ブログ

幕張副都心(白濱)

幕張1
 昨26日(日)、千葉大学医学部消化器・腎臓内科学(旧第一内科)の横須賀教授の退任記念祝賀会が幕張副都心の「ホテルニューオータニ幕張」(千葉市)で行われました。私は第一内科出身です。卒後ちょうど50年、外回りばかりをしてきた医師人生、入局後はじめて教室の大きな行事に参加したことになります。今千葉市で働いておりますので、顔を出してみるのもいいかということで。
 祝賀会に出席するために、08:30過ぎJR京葉線に乗車、家族連れ、若い男女、とにかく日曜日の午前にしてはたいへん混んでおりました。東京デズニーランドやデズニーシーのある「舞浜駅」があるので混んでいるのだろうと思っておりました。しかし舞浜駅では下りるには下りましたが、思っているほどではありませんでした。その大半は私が下りた駅、ホテルニューオータニ幕張のある「海浜幕張駅」で下りました。
 海浜幕張駅の改札口を出たところに「AKB 48握手会」のプラカードを持った男性が立っておりました。列をなして歩いている方々は、「AKB 48握手会」に向かっている方々です。イギリスがECを離脱しても、都知事が辞めても、イスタンブールで自爆デモがあっても、平和な日本です。この写真を撮って感心している私も私ですけど。
スポンサーサイト

ツバメ(白濱)

1ツバメツバメ2
今年はよくツバメを見ます。毎朝利用しているバス停(京成本線八千代台駅)の軒下にツバメの巣が出来上がりました。最初はただ泥の巣があるだけでしたが、そのうちに親鳥が出入りするようになりました。時が経ち、黒い頭のてっぺんだけを見せて、ツバメの赤ちゃんが動く姿が見えるようになりました。3羽いたのです。親鳥がエサを咥えて巣に近づくと、大きな口を開け。そのうち3羽のツバメが押し合いへし合い、巣から落ちるのではないかと思う位大きくなり、窮屈そうな状況になりました。親鳥は近くの電線にとまっていたり、柱にとまっていたり、子ツバメの開ける口はすさまじく、早くご飯を持ってきてよ!という様。「よし明日写真を撮ろう」と思い、カメラを持って行ったら、巣は空っぽになっておりました。巣立ってしまったようです。今頃は自分でエサをとっていることでしょう、と思いながら、それでも一応カメラをもって日々巣を見上げておりました。2週間ほど経ちましたか、今朝、ツバメが1羽巣の中に、そして親鳥が近くの電線に留まっていました。ツバメの習性は知りませんが、3羽とも育っているのかしら。
ツバメ3ツバメ4


竹の子(白濱)

庭の竹
1週間前の日曜日には何もなかった(気付かなかった)のに。我が家の庭のど真ん中に、3,4mはある竹がアンテナのようにまっすぐ生えておりました。竹はこんなにもスピーディに伸びるのか?とにかくこんなのが大きくなったら困るので、引っこ抜くために、根本を30cmほど掘り下げました。そこに隣の方から直角に、水道管のような円形をした竹の根が伸びてきておりました。全て引っこ抜こうと水道管のように延びてきている竹の根を追求し始めたら、30cmぐらいの所から深く潜り込んでおりました。周辺には草木もありますし、竹をへし折ってギブアップ。
隣家の庭のど真ん中に5,6mの竹(の子)が1本にゅっと生えております。七夕の短冊もまだ飾れないような幼竹です。その竹の子と我が家の竹の子は兄弟なのでしょう。隣家のさらに一軒先の庭には竹林があります。恐らくそこの竹が隣家に来て、さらにわが家に土深く突進してきたものと考えられます。その間にはそれぞれ数多くの木々とコンクリートの塀があるのに。お隣の広いお庭は、高齢者の方がお一人、ほとんど藪と化しております。

講演3「大規模災害に対する洋上からの災害支援活動」(白濱)

講演03講演3
講演3は、塚嵜哲史先生(海上自衛隊自衛艦隊司令部 衛生主任幕僚)による「大規模災害に対する洋上からの災害支援活動」です。
 わが国の国土的特徴として、大規模災害時には被災地は「陸の孤島」と化します。この点より大規模災害時、陸上からのアプローチが困難になった場合、海・空からのアプローチが余儀なくされます。大量傷者、大量の医療スタッフや物品の輸送が不可欠となりますが、その際海からの支援活動が必須となります。
新型大型輸送艦の「おおすみ」や「しもきた」(8900t)は、すでに国内外を問わず大規模災害時に人員輸送や物資輸送に活動をしてきております。さらに病院船の役割やホテル船の役割もすでにしてきております。
講演では護衛艦「いずも」(19500t)の紹介。おおすみの倍以上の規模と能力を備えている「いずも」、手術室、ICU、病床38床持ち、常時ヘリを搭載、またホバークラフトも保有しております。大規模災害時の洋上の広域輸送拠点(SCU)としての役割にも言及し、さらに昨年の九都県市合同防災訓練やDMAT等と海上自衛隊との共同訓練の状況も紹介しました。.

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR