FC2ブログ

マラリア・デング熱・チクングニア熱(白濱)

ネッタイシマカ
東京で、全く渡航歴のないデング熱患者3人が見つかり、都心にある代々木公園(東京都渋谷区)の蚊が感染源らしいということで、公園の大々的な消毒が行われました。
私は加來先生(防医大教授)らと2006年12月ジャカルタ、バンダ・アチェ、2010年2月マラン、マタラン、メダンなどなどの5都市、2012年8月ロンボク島、バリ島と何れもインドネシアの地方都市に行きました。その際最も気をつけたのは蚊対策でした。彼の地で蚊の媒介する代表的な感染症は「マラリア」「デング熱」「チクングイア熱」と教えられていたからです。私は、下着に防蚊スプレーを染み込ませ、更に素肌にスプレーを吹き付けることを常にやっておりました。空港ロビーにもホテルロビーにもタクシーの中にも蚊はいますから。
現地の日本人会の人たちや医療機関の話によれば、デング熱の方がマラリアやチクングニア熱より罹患者が多いということでした。マラリアはマラリア原虫が病原体で清流や澄んだ水域に棲んでいるハマダラカが媒介し、夜間吸血性で夜刺す蚊が危ない。中でも熱帯熱マラリアは脳症や熱発作、出血傾向を伴い、死に至ることがあり、悪性マラリアとも呼ばれています。デング熱はネッタイシマカが媒介する発熱疾患で、朝や夕方の蚊(マラリアと異なり昼間吸血性)が要注意で、39℃台の高熱とともに激しい筋肉痛や関節痛(ガタガタ痛む)、頭痛(眼窩痛)が特徴で、上肢や体に赤い小さな発疹が多発してみられ、出血傾向は良くないサイン。実際に罹った日本人会の方も複数いました。チクングニア熱はネッタイシマカ、ヒトスジシマカが媒介、デング熱と同じく高熱、筋肉痛、関節痛が特徴。その時訪れた病院の臨床検査センターの話では、症状よりデング熱の検査をし、否定されたら「チクングニア熱」と診断する、ということでした。蚊が媒介する病気やアフリカの病気がハワイやアメリカ本土で見つかる、病原体を持った生物等が船便の荷物等と共に運ばれたともいわれております。今回のように渡航歴のない日本人が発病したことは、デング熱の病原体を持ったネッタイシマカが代々木公園にいたということでしょうから。温暖化の影響で都心でも棲めるということでしょうか?(写真はインターネットから)
スポンサーサイト

ロータリークラブ(白濱)

 26日(火)夜、銚子ロータリークラブと銚子東ロータリークラブ合同のボーリング大会がありました。年1回のイベントです。去年は入会3ヶ月目、初参加。私は個人戦でハンディキャップを20(70歳以上)もらって、優勝しました。優勝インタビューで『来年はハンデなしでやります』と大口をたたきましたが、今年もハンデを20もらいました。単に連覇したかったからです。結果は、ベストテンにも入りませんでした。緊張というより、いくつになっても自惚れはだめですね。たとえ遊びでも。
 翌27日(水)、ロータリークラブの卓話(25分)は私が当番、タイトルは『自然災害について』。広島市における同時多発土砂災害の事、日本海地震における津波、最高北海道で23mの津波が発生するという国の発表(27日当日の新聞朝刊)など、タイムリーな自然災害の情報提供などを枕として、大体3時間ぐらいかけてやる内容を25分間でやる、まさにエッセンスを多くのスライドを使って「目から覚えてください」と言いながらやりました。
ただの(老?)内科医師と思っていたロータリアンに少し衝撃を与える機会を狙っていました。

仰天(白濱)

 今年の夏のある日、18:00頃、妻が勤務先から帰宅したら、わが家の玄関の1m×2mのコンクリートのたたきの所に大きなヘビ(1m50cm大?)が寝そべっていたということです。音に気付いたヘビは小さな頭をもたげ、そそくさとスルスルと我が家の軒下を通り過ぎ、南隣の家(2階建て木造古アパート、空き家同然で、草ボウボウ)のウラ方向に逃げていったとのこと。『よくあんな小さな頭で考えられるね。ちゃんと逃げるんだから』と普段と変わらぬ顔で報告しました。私は蛇が大嫌い。妻はヘビ年だからというわけではないですが、余りいやでないようで、ヘビは守り神といっております。
 1昨年は前述の南隣の家の玄関先で見かけました。昨年はわが家の裏庭で見かけ、私は水と棒で東隣の家(大きな庭に草木が生え放題)に追いやりました。塀の上から向こう側に落ちていった「どさっ」という音は今でも耳に残っております。
 ヘビは、あのときのものか否か、恐らく大きさからいったら同じものでしょう。今年もガマやトカゲも見かけました。そんな田舎でもないわが家の周辺にもいろんなのが生きているんですね。いやはや!

胡蝶ラン(白濱)


ラン2
私は花が大好きで、日曜日の度に郊外の園芸店を回るのが日課みたいになっております。眺めるだけの時もあれば、季節季節の花を購入することもあります。ハイピスカスやブーゲンビリヤなど東京の冬を越させるのは大変難しく(何せ温室がありませんので)、枯れさせた花も無数にあります。
いろいろなランも随分沢山手に入れ、愛でてきました。
 年を越えて枯れたものはこれまた数知れず、ましてや花が咲いたことは長い歴史の中で今まで一度ありません。ところが今年咲いたのです。1昨年の叙勲の際のお祝いに頂いた胡蝶ランの6鉢のうち銚子のリビングの中に放置していたものに花が咲いたのです。支柱の建て方が分からず、乱れたままですが。

大漁夏祭り(白濱)

灯台
夏は銚子もお祭りが多く、9日(土)、10日(日)は『大漁夏祭り』。台風11号がゆっくり日本列島を縦断し、西日本は豪雨と土砂災害、そして「大雨特別警報」が出た地域が数カ所あり、そんな最中の銚子のお祭り。銚子は晴れ/曇りでした。9日はカラオケ大会と西田アイ(プロ歌手、銚子市観光大使)のミニコンサートがあり盛況、無事終了。翌日曜日、11号は北陸、東日本、そしてゆっくり北海道という状況で東京は雨。お祭りは14時開始、フラ8チームが出場し、私たち(17時より:銚子市立病院2名と東京組3名)も地元のオヤジバンドと共にハワイアン7曲を披露する事になっておりました。私たちの前の前の子供フラチームが踊っている最中に雨が降り始め、そして急に大雨になり、雷も鳴り出し、いわゆるゲリラ豪雨に見舞われ、祭りはそこで中止。雷とステージの上の音源、恐いです。結局フラ3チーム、バンド2チーム、キッズダンス1チーム、計6チームは出番なし。 全国各地に多くの被災者を出した台風11号、各地のビッグなお祭りや花火大会も中止になりました。銚子の小さなお祭りの一部中止を云々するのは申し訳なく思っております。
 翌日は台風一過、快晴、東京組を「犬吠埼灯台」、「地球が丸く見える丘公園」に御案内して、見送りました。

みなと祭り(白濱)

花火2014香取神宮
8月2日(土)、3日(日)、銚子市の「みなと祭り」がありました。
2日は花火大会です。幸い天気も良く、6000発(写真)です。会場及び市の中心街にはいろんな夜店がで、浴衣姿で多くの人々、夏休みで銚子を離れている方々も帰省中なのでしょう、よくぞここまで若い人がいるなと思うほど混雑しました。去年の福知山での花火事故があり、警戒は例年になく厳重でした。
 翌3日(日)、午前中は小京都といわれる佐原に、伊能忠敬の「忠敬記念館」や昔の町並みが残っている小野川沿いの町並み、そして香取神宮(写真)を巡りました。
 夕方は銚子に戻り、「みなと祭り」2日目の御輿の練り歩きを見学しました。

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR