FC2ブログ

NBCR対策推進機構による市ヶ谷フォーラム(白濱)

 7月25日(金)、NBCR対策推進機構の主催で市ヶ谷フォーラム2014「CBRN災害と医療対策―東京オリンピック・パラリンピックの開催に備えて―」がグランドヒル市ヶ谷(東京・市ヶ谷)で開催されました。イームスジャパンはそれを後援しました。
パネリストは石井正三氏(日本医師会常任理事)『災害医療と救急医療』、箱崎幸也氏(イームス・ジャパン企画委員;自衛隊中央病院)『CBRN災害と医療対策』、千田良氏(イームス・ジャパン理事)『CBRN災害と災害医療ロジスティックス』の3人。
地下鉄サリン事件(C)、炭疽菌テロ(東京・亀有)(B)、(長崎・広島の原爆、東海村ウラン加工工場臨界事故、福島原発事故)(R・N)とCBRN災害全てを経験している唯一の先進国であるわが国に於いて、未だCBRN対策用の教育、マニュアル作成、装備、訓練等がほとんどなされていないという現実を再確認しました。いつ起こるかわからないCBNR災害(最近はCBRNE災害と言います)、日本人は、千田氏が指摘したように「神風」が吹くことを未だ信じているのかな。

スポンサーサイト

第17回日本臨床脳神経外科学会(白濱)

脳神経1脳神経2
 第17回日本臨床脳神経外科学会が、7月19日(土)、20日(日)沖野光彦先生(医療法人社団おきの会 旗の台脳神経外科病院理事長・院長)会長の下国際フォーラム(東京・有楽町)で開催されました。テーマは『専門性を超えて進化する脳神経外科領域』。
私は、20日(11:00―11:40)、特別講演5『公立病院の再生~銚子市立病院の場合~』というテーマで話をしました。2年ほど前に話を頂き、当時元気よく気合いを入れて承諾した事を昨日のように覚えております。しかしここ7,8か月ぐらい前より銚子も揺れ動いて、満足に与えられたテーマを話せるか否か気を揉んでおりました(銚子市立病院の再生が頓挫する事態になっていたら・・・、講演どころではない・・・、ということです)。どうにかマイペースで、無事終了してきました。学会長始め各関係者の方々に感謝申し上げます。乗りかかった「銚子丸」、向こう岸に着くまで己を信じて頑張ります。
国際フォーラム前の広場では蚤の市が開かれておりました。5月31日、我々が日本認知症ケア学会の懇親会でハワイアンを演奏した広場です。

ひまわり(白濱)

ひまわり
 銚子市立病院の自称園芸部長(演芸部長も兼ねております)です。春にはチューリップを100本ほど植えました。
 今ひまわりが満開です。

ゆきぐに大和病院(白濱)

ゆきぐに大和病院八海山尊神社

 昨日7月4日「南魚沼市立ゆきぐに大和病院(199床:宮永和夫院長)」(新潟県南魚沼市)を訪ねました。医師不足を抱えながら地域のために奮闘している公立病院の先生は沢山いらっしゃり、宮永先生もそのお一人です。
 宮永先生は、昨年、再開なった銚子市立病院を訪ねられました。院内を案内し、その夜苦労話(愚痴)を聞いていただきながらお酒を酌み交わしたのが思い出されます。
 その様なご縁で、昨日は元気な宮永先生にお会いし、元気の素を頂こうとこちらから出かけたというわけです。夜は八海山・緑川を飲みながら、語り合い、ホタルの里で久し振りに暗闇の中に飛び交うホタルを堪能しました。
 今日は近くの「八海山尊神社」を参り、「八海そば」を食べて、帰ってきました。ストレス解消になりました。

高齢者研修(白濱)

 運転免許の更新に必要な「高齢者講習」、自動車教習所で受けてきました。そうなんです、そういう年齢になってしまったのです。
座学が1時間、実技が2時間。視力・視野検査、シミュレーション機器を使っての種々の反応テスト、大丈夫でした。といっても5段階の3(ふつう)。
 実技では、車庫入れ、坂の上の交差点での信号待ち、一時停止、車線変更などなど。こちらはほぼ満点に近かったのではと思います。何故ならば何も指摘されなかったから。日々運転しておりますが、運転席隣に教習所の先生、後ろに見ず知らずの同世代のおじさん2人、やはり緊張しました。無事講習修了書をもらいました。
プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR