FC2ブログ

テーマ1(新春講演会)(白濱)

新春講演会加來
新春講演会加來2
新春講演会の最初のテーマは、加來浩器氏(防衛医大教授、当NPO理事)による「災害時の感染症リスクアセスメントの考え方」でした。
 パシフィック・パートナーシップ(PP)は、2012年はベトナムとフィリッピン、2013年はパプアニューギニア、2014年はまだ確定しておりませんが、恐らく南太平洋にある日本とは大分環境の異なる地域になると思います。平素からそれらの地の公衆衛生や感染症等を中心とした「衛生地誌」の知識が不可欠になります。彼はホンヂュラス(ハリケーンミッチ1998)、インドネシア(スマトラ沖地震2004)、ハイチ(地震2010)での感染症の発生等の実態を示し『大規模災害時の感染症の防止の重要性』を力説しました。
そのためには日頃から「衛生地誌」の情報を知っておかなければなりません。東日本大震災では『破傷風』で亡くなった方もいます。その頻度は0.047%(9/19000人)、スマトラ沖地震の時のそれは、奇妙に一致しております。彼はホンヂュラス及びスマトラ沖の経験者です。
スポンサーサイト

新春講演会(白濱)

企画委員会2014年1月
新春講演会聴衆2014
 1月25日(土)、イームスジャパンの企画委員会及び『新春講演会』を開催しました。
演題は、
1)「災害時の感染症リスクアセスメントの考え方」(加來浩器:防衛医大教授、当NPO理事)
2)「PP12及び海外の医療支援」(林晴美:NGOHuMA災害人道医療支援会)
3)「PP12フィリッピンに参加して」(門脇淳子:防衛医大元看護部長、当NPO理事)でした。
南太平洋地域の諸国で行われる米海軍、オーストラリア海軍、自衛隊等の合同の災害対処訓練にNPO・NGOが参加して行われる『パシフィック・パートナーシップ(PP)』にイームス・ジャパンは2012年の『PP12』から参加しております。
私達はPP13も参加しました。今回の講演会の目的は、イームス・ジャパンの広報及び本年も行われるであろう「PP14」に参加の機会を得たときの事前勉強も兼ねました。

阪神淡路大震災から19年(白濱)

 1995年1月17日午前5時46分、阪神淡路大震災が発生、19年目に当たります。
この大震災をきっかけに、防災訓練の重要性の認識と実施、自助・共助・公助の考え方、災害対処の装備品等の整備、災害対処の備蓄の重要性、災害ボランティアの重要性、災害拠点病院の指定、日本集団災害研究会(現日本集団災害学会)の設立、その他災害対処の法的整備等、『災害対処』に関する多くのことが議論され、決定され、実施されてきました。
阪神淡路大震災以降も新潟県中越地震、新潟県中越沖地震、福岡県西方沖地震、そしてあの東日本大震災も起こりました。そして今、東海地震、首都直下型地震の発生が懸念されております。まさに日本は自然災害の宝庫といえます。常に災害に備えなければなりません。
私たちは4つのプレートの上に形成された土地に、後から住み着いたのです。

寒波(白濱)

 寒波は例年になく厳しく、北海道の内陸の町では-29℃以下と、私が想像できないぐらいの温度を示しているという報道がありました。富士山の山頂よりも低く、冷凍庫よりも低い温度。私は、暑さはかなりの暑さも大丈夫ですが、寒さは苦手です。
 冬のシーズン、私が一番気をつけていることのひとつは、「風邪をひかないようにする」ことです。なにせ気管支拡張症を持ち、膿胸の手術の経験のある身ですから。

ダルマと衛戍病院(白濱)

新年だるま2014
 銚子市立病院院長室にて。
左目だけが入った今年の「ダルマ」がいつも私を睨んでおります。彼の腹の中には今年の願文が入っております。
 だるまの上のスケッチ写真は、私の高校時代の同級生、岡本誠君が書いたマルタ島の「ロウワー・バラッカ・ガーデン」です。1575年建てられた『騎士団のための衛戍病院(軍病院)』で、今は国際会議場として使われているということです。岡本君が昨年11月銀座で開いた個展の際に手に入れたものです。自衛隊中央病院の経験者が、他国のものとはいえかつての軍病院の絵を院長室に飾っている事を喜んでくれております。

初日の出(白濱)

初日の出2014
 長い9連休が終わり、『御用始め』も終わり、すでに3日が経ちました。御用始めではいつものように、私が念頭の挨拶をし、『ダルマの目入れ』をやりました。各部署課の年間の目標等を書き、それをダルマの腹の中に入れ、「御用納め」の日にそれを取りだし、目標の達成度等を発表するものです。
 今年の銚子の「初日の出」、本州の最東端、最も早く初日の出を拝める犬吠埼のそれは久しぶりに快晴の下であったということです。お借りした写真です。

明けましておめでとうございます

 山口観音
明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。
平成26年(2014年)が始まりました。公私ともにどの様な年になるのでしょうか?
全くの私事ですが、例年の如く大晦日に息子夫婦が来て、元旦は近くの『山口観音』(埼玉県所沢市)に初詣。両目の入ったダルマと破魔矢を奉納し、新しくダルマと破魔矢を買いました。お神籤は『末吉』、ここ数年連続『大吉』でしたが今回は末吉、本当にどういう年になるのでしょうか?本年も良い年でありますように。よろしくお願いいたします。

プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR