FC2ブログ

2020(白濱)

 2020年の東京オリンピックの開催が決まり、大分経ちました。決定当初の喧噪は少しずつ落ち着き、新国立競技場をどうするかとか、同時開催のパラリンピックの開催会場が不足しているなどの現実的な課題が持ち上がっております。
車椅子を使った競技などに耐えられる建造物が少ないということです。バリアフリーになっていないとか,傷つきやすい床とか重力に耐えられる構造になっていない床とか、欧米に比べわが国の弱者対策の遅れが垣間見える感じです。
7年後といえば,生まれたばかりの赤ちゃんが小学校に入り、小学生が高校生になり、中学生が大学生や社会人になります。
 7年という年月は、具体的な目標を掲げ、それを現実のものにすることが出来る年月で、すぐ来ます。例えば私の場合は、本当の大台に乗ります。それまで元気で、常に社会に関わっていたいという目標が出来ました。皆さんは如何ですか?
スポンサーサイト

台風30号レイテ島直撃(白濱)

 11月8日、台風30号がレイテ島(フィリッピン)のタクロバン周辺を直撃し壊滅的被害を残しました。瞬間風速90mと記録的な台風、および4mを超したという高潮。全貌は未だわかりません。レイテ島のタクロバン空港は昨年の「PP12」の際、米軍に帯同した門脇淳子氏(イームスジャパン理事)率いる医療班が降り立ったところ。
門脇氏の私へのメールの一部を紹介します。
『フィリピンを襲った台風の被害は甚大で昨日自衛隊の医療支援隊の派遣が決まったとか‥。レイテ島のタクロバン空港は昨年マニラから民航機で最初に空路入ったところで小さな空港でした。そこからバスでサマール島に移動したのですが、その時に通過した街が壊滅状態なのを見るのは大変つらいものがあります。東日本大震災の津波で、知っている・行ったことのある町がすべてなくなったことに大変衝撃を受けたのと同じぐらい‥。自衛隊の医療支援が無事任務を終了するように祈っています。』
(写真は読売新聞より)レイテ島



シートベルト(白濱)

シートベシートベルト
車庫入れにちょっと苦労しだしたので、小さめの車に買い換えました。小回りが良く、車庫入れも1回でOK。今日いつもより多めの買い物をしました。その帰り、ピピッ、ピピッと鳴り、しばらくするとピピピピとせわしなく鳴りました。ダッシュボードの上の“passenger”というサインが点滅、誰かが横切ろうとしているのかな?と思いながら、この車にはそんな機能がついているはずもなく、車を止め、またハンドアかも知れないと思い、全ドアをチェック、再発進、その様なことを数回繰り返し、同じ状況。初めての経験でした。
Yellow Hutがあったので見てもらうことにしました。「そのサインはシートベルトですよね」といわれたので私が締め直すと、それでも点滅。「変ですね」といいながら助手席を見たら、買ったばかりのお米(10kg)が乗っておりました。お米にシートベルトを締めると、点滅が消えました。重量に反応しているのですね。当然か。

病院の防災訓練(白濱)

訓練1
らせん階段
 病院は、年2回の防災訓練を行うことが法的に義務づけられております。銚子市立病院は10月29日(水)、顧問をしている翠会和光病院では10月25日(金)に訓練を行いました。銚子市立病院の訓練は、私が事前に『大規模災害時の病院の役割』と題して講義をし、実地訓練は「非常用のらせん階段」を使った降下訓練と消火器による消火訓練を行いました。
 時間通りに淡々と進む訓練は余り良い訓練とはいえません。多くの反省点と教訓事項等を洗い出し、それを次回の訓練に役立てる事が肝要です。

千葉大学亥鼻祭(白濱)

亥鼻祭バンド
 千葉大学亥鼻キャンパス(千葉市)で行われた医療系3学部(医学部、看護学部、薬学部)の学園祭「亥鼻祭」に呼ばれました。タイトルは『今、考えていること~病院再生を通じて~』。銚子市立病院の話を聞きたいという事でした。聴衆はほとんどが社会人、近隣の方々だったようです。千葉大の同級生も顔を見せてくれました。
早めにキャンパスに行き、学生の作った焼きそばを食べながら屋外ステージのロックバンドなどの音楽を楽しみました。母校の学生祭に呼ばれ講演をしたことは私の貴重な思い出となりました。
プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR