FC2ブログ

「極北ラプソディ」(白濱)

「極北ラプソディ」(原作海堂尊)というテレビドラマ(録画・DVD)を見ました。
原作本「極北ラプソディ」はずっと手元に置いてあるのですが、ページも開かないまま。今回テレビ化(NHK)されました。
財政困難で崩れて行く「極北市民病院」の再建に取り組む医師・看護師などの人間模様、改革を強烈に進める院長、行政や市民の医療に対する考え方・取り組み方などを描いております。海堂氏がこの本の構想を練り、その執筆中に、本のあらすじのようなことが「銚子市立総合病院」で起こり、ついに閉鎖が現実のものとなり、そして再開。これも現実。海堂氏は銚子市の医療の有りように大変な関心を持っていたということです。
以上のような伏線があり、彼よりお声がかかり、朝日ニュースターの『海堂ラボ』という医療ジャーナリズム番組で「銚子市立病院再建に見る地域医療の課題」をやることになったのです(2011年6月16日放映)。
海堂氏は千葉大医学部卒業、嬉しいことに彼は私のことを大学の大先輩といってくれました。海堂ラボに登場した医師達、その内容は本となり近々発売される予定です。その時にはまたご案内したいと思います。
ドラマの世界とはいえ「極北ラプソディ」の医師役で主役を演じている「瑛太」さんの生き方といい、医療に対する考え方といい、人生観といい、医師としての姿勢そしてマスクといい、素晴らしいですね。
スポンサーサイト

地球が丸く見える丘公園(白濱)

久しぶりにのんびりと銚子の海を眺めに出かけました。快晴の下、視界100%。
「東映映画」の冒頭に波がザブンとしぶきを上げて岸壁に打ち上げるシーン、銚子の犬吠岬の映像が使われたといわれております。
その犬吠崎の近くに「地球が丸く見える丘公園」という公園があります。狭い展望台に上りますと、一か所に立ったまま360度見渡せば、330度以上が太平洋の水平線、残りがちょっぴり地平線(利根川と銚子の町とヤマサの工場が見えます)。確かに地球が丸いことを実感します。
ぐるぐる見回しながら眺めていたら、旅行姿の20代の男性がカメラをぶら下げて上ってきて、私達のそばで写真をパチパチ。その後高校生らしいカップル2人が上って来て、女性が「こんなに広いんだぁ・・」と第1声、青春そのものでしょう。 
銚子は本州の最東端、日の出が一番早く見ることが出来ることでも有名、大晦日から元旦にかけて初日の出を見ようと銚子の町の混雑は相当なもの(だそう)です。
ここでは、海から出る太陽(日の出)と海に沈む太陽(日の入り)を居ながらにして眺めることが出来るということです。
なお、あの超ローカルの銚子電鉄には「関東最東端の駅 海鹿島駅)」という標識が立っております。あしかじま駅と読みます。

元町・中華街へ直通(白濱)

本日から東京メトロ副都心線と東急電鉄が相互乗り入れを始めました。
私が利用している西武池袋線から乗り換えなしで池袋、新宿、渋谷を通過して元町・中華街(横浜)まで行くことが出来るようになりました(西武池袋線はかねてから副都心線と相互乗り入れ)。1時間10数分、本を読むのもよし、居眠りするのもよし。
東京の名だたる繁華街、池袋、新宿、原宿、渋谷などに乗り換えなしで行けるようになり、さらに横浜までその守備範囲になるとは。
また有楽町線を使えば、銀座、有楽町にも乗り換えなしで行けますので、わが家(東京といっても23区外)も大したところに居を構えたものだと思ったものの、それから30数年、その様な繁華街に行く用事もほとんどないのが今日この頃です。
あらゆる所で、あらゆる場面でライバル同士であった西武の堤康次郎と東急の五島慶太が時を経て手を結ぶ(電車の相互乗り入れ)とは、やはり時代は大きく変わりつつあるということでしょう。

『ひとりひとりの「災害対策」』の増補版(内外出版)(白濱)

『ひとりひとりの「災害対策」』の増補版(内外出版)が届きました。
2006年に『ひとりひとりの「災害対策」』、その改訂版を2008年に出しました。
2011年の東日本大震災の経験を踏まえ、「改訂版」に若干の手を加え、新たに「高齢者収容施設の災害対処」の章を設け、NBC災害に関してはひとつの新しい章にまとめ、「増補版」としました。
本日ぴかぴかのものが届きました。
189ページ、定価1890円(本体価格1800円)。
近々、イームス・ジャパンの会員の皆さんにお送り出来ると思います。


ひとりひとりの『災害対策』 【増補版】ひとりひとりの『災害対策』 【増補版】
(2013/03/04)
白濱 龍興

商品詳細を見る

仙台ぃこ(白濱)

3月7日「仙台ぃこ」という仙台市の広報誌、いわゆるタウン誌の取材を受けました。

きれいなカラー版で、65ページ、何月号に掲載されるのか分かりません。

①自衛隊の災害出動及び自衛隊医療の災害対処の仕組み、②東日本大震災に関する事、③私と仙台との関連、④避難所での医療支援、⑤被災者の睡眠障害、などでした。

私は自衛隊仙台病院長の経験があり、仙台は思い出深く、こよなく愛したところ。松島、気仙沼、大島、唐桑半島、石巻市など隈無く歩きました。その多くが被災し大変悲しい思いのままの2年間でした。

取材に際し、思い入れが強すぎてひとりで勝手に喋っていたような気がします。意とすることを伝えられたかどうか、今反省しているところです。

第15回地域防災緊急医療ネットワーク・フォーラム(白濱)

昨日9日(土)、全日本病院協会主催の「第15回地域防災緊急医療ネットワーク・フォーラム」が開催されました。
今回のテーマは「近年の異常気象による災害―東南海地震、富士山噴火、集中豪雨など―」でした。

例年イームス・ジャパンは本フォーラムを共催してきました。

講演Ⅰ「来るべき巨大地震に備え、何を備えておくべきか考える」(富士常葉大学大学院環境防災研究科 重川希志依氏)

講演Ⅱ「近年の異常気象による災害:世界と日本の傾向、特に集中豪雨」(久留米大学医学部救急医学准教授 山下典雄氏)

山下先生は防医大出身で、自衛隊福岡病院麻酔科部長を経て久留米大学に転職、自衛隊時代からよく存じ上げている先生で、このような全国区のフォーラムで講師としてお会いできたこと大変嬉しく思いました。益々のご活躍を祈念した次第。

河津桜(白濱)

一挙に春らしくなってきました。東京・千葉の話です。

モモが咲き、梅が咲き、河津桜も咲き始めました。

銚子市立病院への坂のアプローチ(6本)と病院の玄関先(1本)に河津桜が植えてあり、毎年咲くのを楽しみにしております。咲き始めました。今日現在5分咲きです。

南日本新聞文化賞

南日本新聞(鹿児島)の24年度文化賞の医療福祉部門に、水流涼子さんが代表をしている「認知症の人と家族の会鹿児島県支部(やすらぎ会)」が選ばれました。

前日紹介した「生きがい図書館」を眺めていたら水流さんの名前を見つけました。彼女の受賞のことも同級生のメーリングリストで流れていたということです。彼女も高校の同級生、卒業後お会いしたことがあるのか否か、それすら分かりません。インターネットで表彰式や講演中の彼女の写真をじっと見ても、思い出せません。私だって髪は真っ白で薄く、高校卒業後54年の歳月が流れておりますので、お互い様なのでしょう。

ほとんどの同級生が社会的には最前線から身を引いている今日この頃、同級生が第1線で頑張っている姿を知る事は大変うれしく思います。

私も縁あって認知症専門病院の副院長を5年(現顧問)勤めた関係で認知症患者を見る機会は数限りなくありました(患者さんを診るのは精神科と神経内科の先生)。

認知症に深く関わっている「生きがい図書館」の館長の山之口さんといい、「文化賞」受賞の水流さんといい、尊敬します。患者さんのために、家族のために、そして自分のために最善を尽くしましょう。

生きがい図書館プロジェクト(白濱)

『生きがい図書館プロジェクト「私の物語」』というブログをご紹介します。

図書館長は山之口俊子氏、私の鶴丸高校(鹿児島)時代の同級生、卒後54年間全く音信のなかった方です。高校同級生同士のメーリングリストに私の事(銚子市立病院との関わりや「再生 銚子市立病院」という本など)が情報として載っており、さっそくamazonで「再生 銚子市立病院」を手に入れ、読んだということです。

再生 銚子市立病院再生 銚子市立病院
(2012/03/20)
橋口佐紀子

商品詳細を見る


「白濱さん頑張っていますね」という手紙を頂きました。

こっそりインターネットで彼女のことを調べ、『生きがい図書館プロジェクト「私の物語」』というブログを発見しました。「認知症」「加齢を華麗に」「老いの考察」などをテーマにして、まさに図書館のように沢山の情報を発信しておりました。特に認知症の「音楽療法」や「回想法」に非常な関心をお持ちのようだと感じました。私は今もハワイアン演奏を施設で音楽療法のつもりでやっておりますし、また自分自身の呆け防止としてもやっております。

「くるくると回る地球にしがみつき振り飛ばされじと今日も必死に」(鶴田雪枝さん、100歳)という歌を見つけたのも、この「生きがい図書館」の中でした。今はこの図書館が私の大事な情報源のひとつになりつつあります。

アンチエイジング、アンチエイジングと自然の流れに逆らって生きるのも生き様、「華麗に加齢を」・「加齢を華麗に」、これも生き様、というわけで図書館を紹介しました。

続きを読む

イームス・ジャパン企画委員会(白濱)

昨日、24年度最後のイームス・ジャパンの企画委員会を行いました。

1)24年度の業績分析、結果は25年度総会において報告します。

2)現在の会員数は109名です。

3)25年度の総会を5月25日(土)に行い、あわせて講演会を開催。

3)昨年行ったPP12(パシフィック・パートナーシップ2012)に関する小誌の発行。

4)今年度予定しているPP13(6~7月)参加の件、などでした。

ちなみに、今年のPP13はパプアニューギニアで行われる予定で、現地の衛生地誌などの情報を防医大の加來教授に調べてもらっております。出発前に勉強会をやりたいと計画しております。

【PP(パシフィック・パートナーシップ)―米軍、自衛隊、オーストラリア軍等とNGO/NPOが南太平洋の諸国において合同で行う医療支援、文化交流など】

5月の総会および講演会の詳細が決まりましたら,ご報告します。
プロフィール

iemsj

Author:iemsj
こんにちは
私達はNPO国際緊急医療・衛生支援機構IEMS-Japanです

http://www.iems-japan.com/

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR